自由な保健師ブログ

~〇〇年後あなたはどうしていますか?~

グレリンって?

最近、暑かったり、寒かったりで不調の私ですが

あまり夜も寝れていないなーと感じています

眠るための努力でもしようと思っています

 

f:id:takapi162:20170805074537p:plain

 

そんなところでグレリンについてご存知でしょうか?

 

 あまり聞きなれていない方が多いと思います

こやつは食事と関係のあるホルモンです

食欲を亢進させるものです

 

グレリンがいるからこそ、お腹減ったと感じるわけですね

 

 

ごはんが好きな私は、時々、いくら食べても止まらないことがあります。

そのときはきっと、グレリンが異常に出ているのでしょうね

 

なんとそのグレリン

 

睡眠不足で増えます

 

しっかり睡眠をとっていた人を4時間睡眠させた実験では血中グレリンが28%上昇したとのことです。

 

しっかりと睡眠を確保することもダイエットに効果的です。

ぐっすり眠って下さい ね

 

「産業保健師の集い」に参加(IN埼玉)

7/22(土)産業保健師の集いに参加してきましたー

 

15~20人程度の保健師が集まりました

企業、市役所、学校、フリーで活躍する保健師の方々とディスカッションすることができ、有意義な時間を過ごせました

 

集まって話すことで新しい発見ができます。

今回は「企業の産業保健師」と「市の行政保健師」の連携の必要性を感じました

 

企業の産業保健師は社員の健康を守ることが仕事です

「社員」は会社から出たらただの「人」

その「人」をフォローをしていくのが市の行政保健師です

 

会社内であろうと、地域住民であろうと対象は同じ「人」なのです

さらに言えば、扱っている健康問題も同じです

 

しかし、残念なのがうまく連携が取れていないのが現状です

私の勉強不足もありますが、各保健師が手を組んでアプローチしている現場を見たことがありません

 

市の保健師が何をしているのか、企業の保健師が何をしていて、どこにいるのかなど、保健師業界は不透明なことがたくさんあります

 

このうような取り組みは10年以上も前から「職域保健」という考えで存在しています

 

上手く機能していないのでは?

そういったことに気づくことができた1日でした

 

そう思った

だけではなく行動していきたいと思います

 

もっと円滑に手軽に連携するために新しいモノを創ります

 

保健業界は不透明だからこそ、集まって話をすることが大切だと感じています

 

なので、多くの保健師と交流を深める場を創っていきたいと思っています

 

ぜひ、よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

おにぎりと壁と保健指導~その2~

〈相手に興味を引かせることが先〉

 

おにぎりと壁の話は正直にいうと「保健指導」としては不適切ですね

場合によっては他の保健師さんに怒られるかもしれません

ですが話の掴みとしては面白いのではなでしょうか?

f:id:takapi162:20170716120610p:plain

相手の立場を考えてみて下さい

 

保健師から見たら、太っている人検診の数値が悪い人、そういった方の健康問題を解決しなければいけません

 

しかし、そういった方々は自らの健康問題を解決したいと思っている人でしょうか?

太っていることを指摘される病院に行けと言われる、などの不安をかかえるというリスクがあります

 

運動をしましょう!!

食生活を変えましょう!!

 

言われてできるなら、みんな初めからやっています

できないような背景が必ずあります

そういった方々は同じような保健指導を何回も受けてきているのではないでしょうか?

 

相手の興味を引き、今までと違うぞと感じさせることが大切です

そのために新しい切り口で創ってもいいと私は思います。

私の経験上、1回目の保健指導で相手の行動を変えることはできません

 

おにぎりと壁の話は実際に使っています

ふざけた話の後で、まじめなの話をするようにしています

 

 

もしも

あなたが強制的に話を聞かなけらばならない立場なら

 

つまらない人の話面白い人の話

 

どちらにしますか?

 

 

 

 

 

 

おにぎりと壁と保健指導

 

※最後までお読み下さい

 

f:id:takapi162:20170721233633p:plain

 

〈ありがちな保健指導〉

私もよくコンビニのおにぎりを食べます

 

おにぎり1個分のカロリーは約200Kcalですかね

 

1個食べるのを我慢すれば200Kcalも削減できすね

 

少しづつできることからやっていきましょう!

 

 

 

〈ないがちな保健指導〉

 

私もよくコンビニでおにぎりを利用します

 

おにぎり1個分のカロリーは約200Kcalですかね

 

1個食べるのを我慢すれば200Kcalも削減できますよ

 

もしも仮にですが

そのおにぎりを壁に叩きつけた場合はどうなると思いますか?

 

もちろん

おにぎりは壁に当たって散らばってしまうので食べられません

さらに

部屋中に散らばった米粒を掃除しなくてはなりませんよね

 

このとき

いったいどのくらいのカロリーを消費すると思いますか?

 

野球のピッチャーの10分間の消費カロリーは約60Kcal、掃除20分の消費カロリーは約120Kcalです

 

おにぎりを10分間何度も何度も壁に叩き続け、その後、散乱した米粒を一つ一つ

丁寧に掃除した結果20分かかった場合は180Kcalを消費することになります

 

本来、食べるはずだった「おにぎり」は、悲しいことにもう「おにぎり」ではなくなったので、マイナス200Kcalとなります

 

つまりですね

コンビニで買ったおにぎりを自宅に帰宅して、ちょっと一息入れた後にですね

ふと思い立ったかのように、何度も何度でも壁に叩きつけたら最終的にマイナス380Kcalになります

 

さらに言えば、あなたの行動を見た奥さんや息子さんはきっと止めるでしょうね

でも、あなたは10分間は投げ続けることを止めないので、ご家族の静止を振り切ることになります

その時の消費カロリーはいっそう上がりますね!

 

 

相手に何かをしてもらうことが先ではありません

相手に興味を引かせることが先です

 

 

 

つづく‥

 

 

 

 

落とし穴に誰かを落とすためには

 

f:id:takapi162:20170720001036p:plain

問題です!!

 

「落とし穴に、人を落としたいと思ったらあなたならどうしますか?」

 

A.深く大きな穴を作る

B.見えないように穴をうまく隠す

C.無理矢理落とす

D.穴の上に引きつける

 

 

 

 

 

 

(正解)

 

D.穴の上を歩くように相手を引きつけること

 

 

 

 

これがもしも

落とし穴ではなくて保健指導であったら

 

 

問題です

「太った人に痩せてもらいたい時にあなたならどうするか?」

 

A.専門知識を磨くこと(深く大きな穴を作る)

B.交渉術を身につけること(見えないように隠すこと)

C.産業医や上司から強く言ってもらう(無理矢理落とす)

D.保健師に付いていってもよいと思わせる

(穴の上に引きつける)

 

 

 

 

そのためには相手に歩くことが面白いと思わせることです

 

 

そこで重要なのが

引きつけるられるような『人間性』です

 

 

私は面談のように人と関わる際は礼儀笑いについて考えています

面談を楽しんでもらえればいいじゃないですか

いかに相手を引きつけるかが重要な始まりで、その次にどうなってほしいか、だと思っています

 

保健師として専門知識や交渉術はやっぱり必要ですよね

しかし、その前の『人間性』を磨く時間があってもよいのではないでしょうか

私自身、『人間性』はまだまだだと感じています

保健指導が上手くいかない時は、こて先の技術や知識ではなくて、『人間性』を振り返るようにしています

 ぜひ参考にしてみて下さい!!

 

 

 最後に

 

 『我々の直面する重要な問題は、その問題をつくったときと同じレベルで解決することができない』

アルベルト・アインシュタイン

 

 

 

 

 

 

歩くという投資

最近は歩きスマホをするのが当たり前のようですね

 

 

私は歩きながらスマホをいじる技術がないのでしません

 

というよりも、歩きながら何か別のことをするのは効果的でないと感じてます

 

「歩くこと」と「スマホ操作」は別々に行うほうが能率がよいのかなと思ってます

 

多くの人が知らない内にもったいないことをしてますよ

 

 

こけから保健師らしい話をしましょう!!

 

体重が60kgの人が10分歩行すると20kcal消費します

しかし、これを『速歩き』にすると消費カロリーは30kcalに増えます

 

なんと!!

1.5倍も増加!!

 

私は通勤に1日に往復で60分歩行します

(自宅から最寄駅15分+勤務地最寄駅から会社15分)×往復分2回=60分

 

この時の消費カロリーは

速歩きなら180kcal

普通に歩いて120kcal

 

60kcalの消費差ができ

 

 

1kgの脂肪は7000kcal使えば無くなります

 

つまり

毎日60kcal消費で1kgの脂肪を落とすのにかかる日数は

 

7000kcal÷60kcal=117日

 

1年間続けたとして、3kgの脂肪を燃焼できる計算になります

 

これってよくないですか??

少し意識を変えてみるだけで痩せちゃいますよ

 

ちなみにスキップならもっと消費できます

スキップしながら通勤してみてはいかがでしょうか!

 

f:id:takapi162:20170719131239p:image

 

 

健康は〇〇のこと

 

健康とはなにか??

 

 

私は……

 

 

健康=時間

 

だと思います。

 

少し不謹慎かもしれません。

しかし、とても重要な話をしましょう。

 

ドイツの実存哲学者。

ハイデッガーはご存知でしょうか?

彼の著書「存在と時間」の中で、人間のあり方と存在を分析しています。

 

『ひとはこう言うのものである。死は確実にやってくるが、とはいえ当分はまだやってこない。この「とはいえ~」によって、ひとは死の確実性を否認しているのだ。…日常性は、緊急的に気づかう必要のあるものへと急ぎたてられ、張り合いのない、「死への無為な想い」とうい枷を脱するのである』

 

自分がいつか死んでしまうことはみんな知っています。

そのいつかは遠い先のことであり、そんな先のことを考えるよりも、今やるべきことを優先するのが普通です。

やらなければいけない仕事を先送りするのと同じ感覚です。

人は死の不安を視界の外へ追いやるような日常を好んで送ってます。

みんな逃げられない死から目をそむけて生きています。

ハイデッガーは目をそむけていることについて自覚することが、意味のある人生だと言っています。

 

 

健康=時間

 

 

健康を支援するうえで「時間」の考え方は最も重要です。

ぜひ、残されている「時間」について目をむけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ハイデッガーについて興味がある方は

ハイデガー哲学入門ー『存在と時間』を読む」講談社現代新書 仲正昌樹

がおすすめですよ。